徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

保水力低い針葉樹(杉、檜の類)は止めて欲しい

10年でスギ花粉2割削減 東京都が花粉症対策で伐採

東京都は14日、「都花粉症対策会議」(本部長・関谷保夫副知事)を開き、多摩西部の山間地域で発生するスギ花粉の量を、10年間で約2割削減するためスギ林を伐採するなどの発生源対策を決めた。2006年度予算に対策費として、27億円を盛り込む方針。対策では、約3万ヘクタールあるスギ林のうち、(1)林道近くにある1万2000ヘクタールは100年ですべて伐採し花粉の少ないスギに植え替える(2)残る1万8000ヘクタールは50年かけ一部を伐採し広葉樹との混交林にする−など。
ーーーーーーーー

 同じ金(税金)掛けて植え替えるなら、保水力低い針葉樹(杉、檜の類)は止めて欲しい。

 是非とも、保水力と生命体系に優しい広葉樹(ブナ、クヌギの類)を植えて欲しい。

 日本に杉は多過ぎる、利用もされない死の山林と成っている所が多い。生き物の餌も無い。今後、植林するなら、広葉樹(特に保水力の有るブナ)を主体に考えて欲しい。

 花粉対策の効果は余り期待出来なくても、広葉樹なら確実に自然が戻り、災害も減ります。
[PR]
by uncle-mac | 2005-11-15 09:25 | スポーツ・自然
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite