徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

呉春などの雑談


呉春とは、呉春株式会社の”幻の”本格日本酒の事です。


株式会社呉春=大阪府池田市。江戸中期創業。

e0028625_8593382.jpg


谷崎潤一郎(関東大震災以降、京都・岡本等に居住)も呉春を好きだった様です。

 名前の「呉」とは池田の古い雅称の「呉服の里」の「呉」、つまり「池田」の事。「春」とは唐の国の言葉で「酒」の事。
 麹はすべて手造り、熟練の杜氏たちががんこな迄に伝統的な行程をへて規模に応じた量だけ生産します。したがって、生産量や流通量は限られています。


呉春は味は甘からず、辛からず。とてもバランス良く、正に”ザ・日本酒”。

e0028625_820319.jpg

《普通》アルコール度;15〜16 日本酒度;+-0 酸度;1・3 精米歩合;69% 原料米;五百万石 飲方;冷や、常温ぬる燗、熱燗 価格;税込1.850円 入手可能度;相当難しい

 バランスよく仕上がったまろやかな香味が特徴。普通酒とは思えない高品質。なんでこの値段で売るのか不思議です。私は、いつもこれを飲んでます。上級の”本”との差はコクと柔らかさですが、この”普通”で十分”呉春”してます。






e0028625_8254685.jpg

《本醸造》アルコール度;15〜16 日本酒度;+-0 酸度;1・3 精米歩合;60% 原料米;朝日、あけぼの飲方;冷や、常温、ぬる燗 価格;税込2.450円 入手可能度;少し難しい

 口当たり柔らかと、軽快なコク。呑み飽きしないスッキリタイプの本醸造酒。これは、正月に限り飲みました。



e0028625_8275527.jpg

《特別吟醸》アルコール度;16〜17 日本酒度;+-0 酸度;1・3 精米歩合;50% 原料米;赤磐雄町 飲方;冷や、常温 価格;税込4.800円 入手可能度;普通には殆ど不可能

 この”特吟”は、人手がかかる上に収量の少ない”赤磐雄町”を高精米し、低温発酵、低温貯蔵して作ってます。製造数量の限られた銘酒のひとつ。全国新酒鑑評会で金賞を受賞。これは未だ飲んだ事が有りません。。。高いので、、、。この4800円で買えれば幸運です、販売価格は8000円で売られているものも珍しく有りません。


呉春・日本酒物語・データ


------------------

 《雑談、おまけ》

 私、ウイスキーは300cc以下のミニボトルばかり買います。ウイスキー余り飲まないのと、メーカ・銘柄が色々飲めるからです。

e0028625_912031.jpg

 キリン・ディスティラリー(旧キリン・シーグラム)のロバートブラウン。(写真のグラスはワンショットグラスです)

 但し、これは”スペシャルブレンド”版です。非常に香り(トップノート)が良く、口当りが柔らかい。香りが「甘い」のです。刺激も殆ど無い。是非、ロックで飲んで欲しいウイスキーです。因みに鍋で飲みましたが相性良いです。

 キリン・ディスティラリーとは、富士御殿場蒸溜所の事でキリンビールの100%出資の子会社。富士の伏流水を使用して一貫生産。代表銘柄ロバートブラウン。


富士御殿場蒸溜所
ロバートブラウン メモリアルブレンド・スペシャルブレンド
[PR]
by uncle-mac | 2005-12-12 09:18 | 写真日記
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite