徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

オリンパス E-300

e0028625_178272.jpg

撮影E300+14-54mm F2.8-3.5 f:6.3 ISO100 クリック拡大してみて下さい
 サイネリアの青い花


 最近、「カメラ騒動」が続いたので、「他のメーカ」も気に成って来ました。。

 例えば、ペンタックス。そして、オリンパス。

 オリンパスと言えば、「(MFの)OM」から「AF」に移行した時から「一眼」の分野の影が薄く成った時期が有った。しかし、デジカメ時代になって「フォーサーズ」を導入してから、少し「一眼」の分野の元気を取り戻した気がする。「フォーサーズ」とは簡単に言うと「ハーフサイズ」の様なデジ一眼だ。特にE-300やE-330は昔の「オリンパスペンF」のイメージ。しかし、画質が「半分」かと言うと、さにあらず。

 「半分」と言っても、フォーサーズはアスペクト比が4:3の為、画面サイズも視覚的な実質サイズは半分では無く、「半分」よりは「大きく」見える。更に、CCD等の受光素子の光を受ける面積は、その構造の工夫(フルフレーム)で大型化されており、ノイズ面もそのサイズ程は悪化していない。

 OM時代から、オリンパスはレンズのシャープ(ボケも奇麗)さと小型軽量に特徴が有った。今のデジタル用レンズもシャープだ。特にマクロ撮影や水中撮影などの分野はダントツだ。
 メーカーとしての「色の出し方」「階調の出し方」にも私的に好ましいものが有る、特に空色。色によっては違和感の出る場合もあるが概ねニコンと同様にこの点は大いに気に私は入っている。

 E-300。E-500に較べ画質的に多少見劣りするが、個体の形(縦に低く、横に多少大きめ)とシャッターのスムーズさは多いに気に入っている。ボタン操作感とその各表示は少し使い難いが、慣れれば気にしない。ただ、AFの切り替えスイッチだけは、ニコンの様に全く独立した操作系にして欲しいと思う。





e0028625_1736224.jpg

撮影D50+35mm F2 f:5.6 ISO800 クリック拡大
 E-300外観 1

 ↑このレンズは、ZUIKO DIGITAL14-54mm F2.8-3.5(35mm換算で28-108mm相当)コントラストや色乗りが良く、ボケも素直。防滴防塵仕様。


e0028625_20422598.jpg

撮影D50+35mm F2 f:5.6 ISO800 クリック拡大
 E-300外観 2

↑記録画素数は800万画素。ペンタプリズムは無く、「サイドミラー」式のミラー方式ファインダーのお陰で、一眼にも関わらず、このフラットなスタイルに成ってます。まさに「ペンF」。ミラーショックは殆どゼロに近く、シャッターは心地良い感触。皆さんもE-330が出たら是非、一度カメラ店で触って、シャッターを確認してみて下さい。感動しますよ。


e0028625_2043181.jpg

撮影D50+35mm F2 f:5.6 ISO800 クリック拡大
 E-300外観 3

↑「入門〜中級機」クラスの筈なのに、各部の仕上げやデザインの細部は実に丁寧で、予想以上に質感がある(エンプラボディだが)。液晶は今時小さいし、上面に小型液晶が無いのでシャッター値や絞り値の確認がしにくい(ファインダーを覗いていれば問題無く分かる)。



e0028625_2153058.jpg

撮影E300+14-45mm F3.5-5.6 f:6.3 ISO100 クリック拡大
 招きネコ(左右は金銀の小招きネコ)

 実はこのE-300は、「レンズアダプター」目当てで買った。「K」マウントや「F」マウントや「OM」マウントのレンズも使うつもりです。「フォーサーズ」はレンズアダプターの為にある様に感じる位、アダプターに(フランジバックの関係で)向いています。



e0028625_21135063.jpg

撮影E300+14-45mm F3.5-5.6 f:6.3 ISO100 クリック拡大
路上のバイク(ナンバーは画像処理)

 新型のE-330が出る為、E-300は現在"激格安"。新品を約4万円(ボディ)でNET入手。E-330は2月下旬発売(E-330は実売ボディのみで10〜12万円)。
[PR]
by uncle-mac | 2006-02-11 15:07 | カメラ全般・銀塩
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite