徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

行き先は沖縄

 上の子(中学)が修学旅行から帰って来ました。

 行き先は沖縄。
 関空から直のジャンボで片道2時間。


1、お土産1
e0028625_21123187.jpg

撮影 E300+DZ 35mm クリック拡大

 この修学旅行のメインは平和学習。


 ↓ 沖縄土産や学習先画像など



2、お土産2
e0028625_21133723.jpg

撮影 E300+DZ 35mm クリック拡大

 飛行機が沖縄に着陸する時は低空飛行でやります。米軍の空域を避けなければいけないらしいです。

 土産人気、今はゴーヤでは無くマンゴーの様です。


3、お土産3
e0028625_2114634.jpg

撮影 E300+DZ 35mm クリック拡大

 桜貝のブレスレット。友人からの誕生日プレゼントです。


4、お土産4
e0028625_21152549.jpg

撮影D902i (スローシャッターな為、手ブレ) クリック拡大

 ちょっと有ったビーチの自由時間に拾って来た。


5、お土産5
e0028625_21155645.jpg

撮影 E300+DZ 35mm クリック拡大

 中味がむらさきの芋、、美味いです!

--------------------

6、沖縄平和祈念堂
e0028625_21173515.jpg


 戦争体験の学習。 先の大戦で沖縄は日本で唯一「地上戦」の有った所です。しかも一般民も戦に巻き込まれ。

沖縄平和祈念堂HP

 今も沖縄は戦争と縁が切れない。イラクへの出撃も沖縄から。

 ベトナム戦争の時のは殆どの戦闘機や爆撃機が出撃し、沖縄の基地は「もぬけの空(から)」。日米安保条約に「関係無く」沖縄は巨大な「不沈空母」に過ぎません。

 米国軍が有事に日本を守ると言うのは幻想です。飽くまで米国本国の為のものです。


7、ウッカーガマ
e0028625_21181052.jpg


 沖縄には「ガマ」と呼ばれる洞窟が沢山有ります。それは、戦争中には防空壕や避難所に使われました。少数の軍人と子供や女性も含む多数の一般人が籠りました。

 米国軍は、その人達に対して容赦無く火炎銃攻撃やガス弾攻撃を加えた。
----

『壕の入り口から毎日ガス弾がまかれ、日が経つにつれ一日に数回と増えていった.。防毒マスクも無いのでタオルを水に浸して口や鼻を覆い、じっとして いるだけだったという。
入り口が火炎放射で焼かれ、爆弾が投げ込まれても衛生兵は逃げずに門番に立っていたが、その衛生兵は片手を失い手 当てをしたが亡くなった。
6/26解散命令が出た。その時、小池隊長は「決して死んではいけない、必ず生きて家族のもとに帰りなさい・・・」と云われた。小池隊長はその後このガマで自害する。』

糸州壕(ウッカーガマ)の概要
[PR]
by uncle-mac | 2006-05-29 21:32 | 写真日記
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite