徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

日本の刑務所で一番怖いのは「病死」

1審死刑の被告病死 栃木兄弟殺害事件で控訴中

 二人を殺して死刑を不服などと、神様の罰でしょう。同情の余地無し。

 ただ、刑務所はこうした「病死」の可能性のある所。もしも、皆さん、万一入る事が有ったならば、健康の自己管理は手を抜かずにやって下さい。医者にもスムーズにかかれません。薬もいわなければくれません。まして体の心配はだれもしてくれません。

 実質、死刑が無くて「死刑予定終身刑」しか無い日本の刑務所で一番怖いのは「病死」。



 栃木県小山市で2004年9月、知人の二男=当時(4つ)=と三男=同(3つ)=を川に放り込み、殺害したとして殺人罪などに問われ、1審宇都宮地裁で死刑を言い渡された無職下山明宏被告(41)=控訴中=が拘置先の東京拘置所で病死したことが6日、関係者の話で分かった。公訴棄却となる見通し。
 関係者によると、下山被告の弁護人は昨年9月の1審判決を不服として控訴。同被告は4月、黒羽刑務所宇都宮拘置支所(宇都宮市)から東京拘置所(東京都葛飾区)に移された。そのころから風邪で体調を崩し、4日夕に死亡したという。
[PR]
by uncle-mac | 2006-06-07 07:13 | 社会・事故・災害
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite