徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

肥後守は?

「デスノート」作者を逮捕 東京・練馬でナイフ所持

e0028625_19202940.jpg


 驚きです。

 この様な「銃刀法違反」なら、かなりの人々が「逮捕」されてしまいますよね。

 刑法、軽犯罪法などを厳格に躊躇無く次々適応させていけば、日本中に「犯罪者」が溢れ返って、トンでもない警察社会になってしまう。。

 本当に気を付けたいものだ。普通に「日常生活」をしていても、どんな理由で何時逮捕されるか分かったものでは無い。
 警察等が「その気になれば」、歩きながらつばを吐いただけでも逮捕(軽犯罪)される、営業の仕事でマンション等にチラシを投函しただけで逮捕(不法侵入)される。

 今回の逮捕も同様のレベルと思うが。折りたたみ式の果物ナイフや(例の)スイスアーミーの十徳ナイフを車に置いてる人等珍しく無いでしょう。私もこのスイスアーミーの小さいのはキャンプ道具と共に持っている。早速、刃渡りが6センチ以内かどうかチェックしたいと思う。

 肥後守などはギリギリOK??? 6cmはかなり小さい。そこらの店で販売しているナイフの相当数が銃刀法違反だ。 いっそ、だったら、販売禁止品にしろ!と言いたく成る様な気がしてしまう。




 刃渡り8・6センチのナイフを所持携帯していたとして、警視庁石神井署は7日までに、銃刀法違反の現行犯で、人気漫画「DEATH NOTE(デスノート)」の作者で漫画家の小畑健容疑者(37)=東京都武蔵野市境=を逮捕した。
 調べでは、小畑容疑者は6日午前零時45分ごろ、東京都練馬区大泉町の路上に止めた車の中で、折り畳み式のアーミーナイフを所持していた疑い。「反省している」と容疑を認めている。
 ナイフは同容疑者のもので、車内のコンソールボックスに入れていた。車のヘッドライトが切れていたため石神井署員が職務質問して発覚した。
 小畑容疑者は当初、「キャンプ用に持っていた」と釈明したが、ほかの準備が見当たらず、同署は刃渡り6センチ以上の刃物の携帯を禁じている同法違反に当たると判断した
[PR]
by uncle-mac | 2006-09-07 19:14 | 社会・事故・災害
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite