徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

放置子殺し、、SEXは楽しみたい/生活苦

<赤ちゃんポスト>熊本市長「最終の手段」安倍首相は不快感
<赤ちゃんポスト>熊本市が許可 慈恵病院申請

 市長の現実的選択とおぼっちゃまの「理想」ご意見。

 「赤ちゃんポスト」のネーミングは扇情的すぎるかも。ただ、せめて極秘扱いの「記名」で無ければとも思う。

 「親無し」で有っても、子供が生きて育って行く様な社会作りの一つの形と捉えたい。まずは命を救いたい。これは間違い無いのだ。

 おぼっちゃまは、子の命よりも「理想」を優先するとおっしゃっている。この自治の一つの姿は、これで良いと思う。中央の官僚どもの干渉など撥ね付けろ。



ケース1
 4歳生ゴミで生存、1歳放置死…21歳母を殺人で起訴

 市営住宅に住む無職の21歳の女、16歳頃で子供を生みその後二人を生む。その後子育てを4年少しした後、殺人、保護責任者遺棄罪で起訴さる。

 自身が子供の時に妊娠してしまった為に、、

 (以下推測) 仕方無く一人で子育てを始める。そのときの彼氏は子育ては勿論、結婚する気もない。何らかの理由で頼る親も親戚も無し。仕方無くバイトしながら何とか子育て。
 まだまだ遊びたい。性欲旺盛、男とも遊びたい。彼氏もまだ精神は「子供」、アダルトビデオに興味は有っても子供や子育てに関心は全く無く、女の体やSEXのみしか興味は無い。勿論、女の伴侶に成る気など始めから全く無い。

 無責任が常態化し、避妊する事も無く(恐らく男がゴムは面倒くさい、気持ちよく無い)、会う度にSEXざんまい。女も妊娠しても(経済的理由か倫理的理由かで)堕胎はせず次々に生む。女も最初はなんとか子育てをしていても子が増える度に負担が大きくなる。男に言ってもその部分は相手にされない、周りの男の関心は遊びとSEXのみ。子が居ると仕事も十分出来ない、現実の生活がのしかかる。勿論、遊べない。次第に子供が疎ましく成って行く。(以上全て推測)

 今の日本の政府は閣僚が「女は子供うむ機械」と言っても黙認し必要な子育て政策を出さない。「拉致」と「地域活性化」のCMはするが、弱者への福祉や必要な子育て支援に関心は無く具体的政策を示さない。

 子育て支援で必要なのは、まずは公立の保育所の増設と時間枠拡大と国庫からの子育て手当支給(基本金額を増やす、さらに、人数が多く成ればそれに従って、増額)と子育てタクシーなどの民間も含めた新サービスの推進。小難しい少子化対策議論に無駄な税金と時間を使わずにすぐに出来る事ばかり。こうした事に優先して金を使わずに、日本の「未来」は描けない筈。
 企業活動支援や軍事拡張ばかりに税金や時間を費やして、国民の生活の基盤を無視し続けて行けば、現政権の嫌う北朝鮮(本音はその「利用価値」が嬉しいのだろう)と変らなく成ってしまう。

 それにしても、この長男。。 この鬼・悪魔と化した親(母とは言えない)が「死亡確認」に来ただけなのに、、ドアが開いたとたんに親に駆け寄り抱きついた・・・。。ああ、、。


 弟が餓死してミイラに成って死臭が漂い、真っ暗で誰も居ない部屋で幾晩も過ごし、腐って行く生ゴミや調味料等を食べてなんとか命を繋で来た。。次男は過去に窒息死と言う事しか分からないが、これの死に(殺害?)様も見ていたのなら、、。
 何れにしても、「(女)親」は刑務所。男親は遺伝学的には存在するだろうが、事実上「居ない」だろう。間違い無く「こうした事」になっても長男の子育てに名乗りは上げないだろう。。

 どうか、神よ。もしも其方がいらっしゃると言うなら、あなたの御心の写しをこの長男に与えてあげて下さい。せめて、恨みの申し子に成らない様に、、、。



ケース2
 <餓死>知的障害の長男に食事与えず、49歳母逮捕 熊本

 この人も、事情は分からないが、夫は「居なく」て母子家庭。傷害の子が居る状態での孤立無援での仕事と家庭の両立は厳しいに違いない。辛く苦しいに違いない。

 住み込み、弁当届けも当初からでは無いだろう。

 が、やはり、「母」では無くなってしまって、最期は鬼に成った。



 平安時代の鬼や魑魅魍魎が平成に跋扈し始めている。戦後築き上げられて来た、世界でも稀にも見られ無なかった日本の貴重な資本主義的社会主義を修正し、現日本(小泉政権より)の経済政治はその昔の貴族と民草の関係(格差社会)に戻し始めている。

 残念ながら、作り出された(もしくはその状態に成る様に放置)この様な「格差型成長経済」は今後の世界の潮流かも知れません。あの、事実上最期の社会主義国(の筈)である中国も堂々たる資本主義(しかも大規模格差社会)を歩んでいる。軍事優先・独裁政党政治で有るというだけ。


 これからは、社会主義vs資本主義・左(革新)vs右(保守)などと言う様な懐かしい、どこかのんびりしたフレーズなど通用しない。。

 「主義」では無く「生存」の戦いの世界がもう始まっている気がする。地球からの温暖化のメッセージはそれを象徴している。いくら、人間どもが屁理屈を捏ねようとも、確実に「死」が人類を覆って行くだろう。地球にとって人類は悪性ウイルスに過ぎない。

 それが、自然(地球)の調整機能(生命・気象バランス)だから。。
[PR]
by uncle-mac | 2007-04-07 08:05 | 社会・事故・災害
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite