徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

これは純粋に「殺人事件」だ


<能勢男児遺体>抱けないのでメットインに入れた 夫婦供述
「育てられない」と母親 大阪、男児死体遺棄で

1歳男児死亡、「前日も実験」 大阪、バイク物入れに押し込む

 ↑ ほら!、これは絶対に計画殺人ですよ。邪魔者を共謀して殺害したのです!

 警察よ、さっさと「殺人」に切り替えろ。馬鹿にされるぞ!

ーー

 この事件、よくぞ大阪府警、早期逮捕してくれた。この事件、長引くと思っていたのだが、、。

 まあ恐らく、赤ちゃんや幼児の殺害や遺体遺棄の犯人像がかなり若いケースが多いと言う事実から、これ又、若い人間が多い家出人を調べた訳だが。絞り込みには経験と感も重要だろう。初動捜査の狂いがなければ難事件も解決が早いと言う例になっている。


 さあ、問題はこれからですが。

 この事件は一見、良く有る「パチンコ駐車場置き去り幼児放置致死(殺人)」と同様かと思ってしまうが、、。 ・・・私の思うに、これは純粋に「殺人事件」だと思う。つまり、母親とその再婚相手との共謀に依る殺人事件

 司法解剖による死亡時期が4月15〜17日頃と出ている模様。二人の言う死亡(殺害)時期の1月31日とか2月2日と余りにかけ離れている。二ヶ月半の大きなずれが有る。


 目立った外傷など無い所から「メットイン殺人」自体は本当かも知れない。そうなら死因は窒息や内蔵圧迫に成っていると思う。

 「メットイン」なら、目撃者も出て来ない。狭過ぎる為声も出せない。
 だっこ出来ないからと言って、殺害する意思の無い者があの狭いメットインに入れる訳が無い。一度、バイクのメットインのサイズを確認してみて下さい

 ただ、余りに間抜けと言うか、摩訶不思議なのが、供述の「犯行」時期。。何故、二ヶ月半前なのか??


 動機は、男には取って子供が邪魔(しかも他人の子供)。女に取っては育児は嫌だが結婚(SEX)はしたい(やはり邪魔)。と言った所だろう。女は「もう育てられない」と言いながら、子供を連れて家出している、この時点で「始末」を考えていたと私は思う。

 二人共、非常に悪質で計画的で、供述の経過からも反省が感じられない。しかも、罪の無い無抵抗の赤ちゃんを親が無惨・無慈悲・残虐に、想像を絶する苦しみを与えるながら殺害。絶対に許される事では無い。


 今回は、又つまらない「判例」敵な屁理屈を言わずに、二人共に死刑を求刑して欲しい。そうで無ければ、なかなかこの手の馬鹿親達には警鐘に成らない。

ーーー

 今回の様な馬鹿親とその薄幸のおさな子の場合、あの「子供輸出大国」世界一の韓国なら、さっさと養子や里子に出してしまうだろう。
 対して、この日本。。養子や里子も哀れだが、殺されては正に、もとも子も無い。思わず考え込んでしまう。。


ーーーーー




1、
 大阪府能勢町で先月、男児の遺体が見つかった事件で、府警捜査1課は17日未明、家出人捜索願から浮上した実母の同府豊中市走井1の職業不詳、田宮美香容疑者(21)と夫の同、元貴容疑者(21)を死体遺棄容疑で逮捕し、豊能署に捜査本部を設置した。2人は「バイクで2人乗りし、子どもを抱けないので、(座席下収納スペースの)メットインに入れたら死んだ。2人で捨てた」と容疑を認めているという。遺棄の時期など供述には曖昧な点も多く、府警は死亡や遺棄の経緯についても追及している。

 調べでは、男児は美香容疑者の長男の峯松優ちゃん(当時1歳)。美香容疑者は、前夫と昨年1月ごろに離婚。優ちゃんと大阪市淀川区内の実家に戻っていたが、「今年4月23日に元貴容疑者と再婚した」という。

 供述によると、両容疑者は今年1月31日ごろ、豊中市内の自宅からバイクに2人乗りして外出。子どもを抱いたままバイクには乗れなかったのでメットインに入れたという。外出先で美香容疑者は買い物に行き、元貴容疑者はパチンコ店に行った。元貴容疑者がバイクまで先に戻ってきたところ、優ちゃんがメットインの中で死んでいるのに気づいたという。

 両容疑者は「近くの量販店で買ったポリ袋に入れて、乗用車で遺棄場所まで運んで捨てた」と供述。遺棄日は、美香容疑者が「その日のうち」と供述しているのに対し、元貴容疑者は「2月2日ごろ」と説明している。

 府警は家出捜索人届を調べ、今年1月15日に幼い男児を連れて実家から家出した美香容疑者が浮上。美香容疑者を探し出し、DNA鑑定を実施したところ、今月16日夜に優ちゃんのDNA型と一致した。当初、美香容疑者は「子どもは女友達に預けている」と説明。元貴容疑者も「知らない」などと関与を否定していた。

 優ちゃんは先月23日午後5時ごろ、同町天王の国道173号の脇道側溝であおむけで倒れているのを通行人が発見。目立った外傷はなかった。遺体発見日は優ちゃんの2歳の誕生日であり、両容疑者が入籍した日でもあった。また供述とは矛盾するが、司法解剖の結果、優ちゃんの遺体は死後約1週間が経過していたという。


2、 大阪府能勢町で4月、峯松優ちゃん=当時(1)=の遺体が見つかった事件で、大阪府警に死体遺棄容疑で逮捕された母親の田宮美香容疑者(21)が「もう育てられない」と児童相談所に相談していたことが17日、関係者の話で分かった。

 府警捜査1課は豊能署に捜査本部を設置、育児の実態や、優ちゃんが死亡した経緯を慎重に捜査している。

 調べでは、美香容疑者と再婚相手の夫元貴容疑者(21)は4月中旬ごろ、優ちゃんの遺体を能勢町天王の道路の側溝に捨てた疑い。

 供述によると、優ちゃんをバイクの収納スペースに入れて2人で外出。元貴容疑者がバイクに戻ると死亡しており、車で遺体を運んで捨てた。

 遺棄の日時について美香容疑者は1月31日、元貴容疑者は2月2日ごろと説明。解剖結果から4月中旬と推定される死亡時期とも異なっている。

 関係者によると、美香容疑者は今年1月18日、大阪市中央児童相談所に「もう育てられない。乳児院みたいなところで預かってほしい」と電話で相談していた(共同通信)


3、
 大阪府能勢町で、峯松優ちゃん(1つ)遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された母親田宮美香(21)、再婚相手の元貴(21)の両容疑者が豊能署捜査本部の調べに「死亡の前日に、バイクの収納スペースに入れて実験した」と供述していることが17日、分かった。その上で「その時は大丈夫だったので死なないだろうと思った。死なせるつもりはなかった」と殺意を否認している。
[PR]
by uncle-mac | 2007-05-17 15:50 | 社会・事故・災害
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite