徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

「ホリエもん」「刺客」で喜ぶ前にマニフェストを見たか??(自民、民主マニュご案内)

<衆院選>小泉首相、自民党のマニフェスト発表

与党の自民、公明両党が最重点公約を「郵政民営化法案の成立」1本に絞ったのに対し、民主党は、小泉政権下で先行き不透明となっている財政再建策や年金制度について「3年後」と目標年度を明示し、改革の具体案を掲げて対抗する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 自民マニフェスト

 このマニフェストを読んで、郵政民営化の「メリット」を理解できる人が数多く居るだろうか?

今回のマニフェストには郵政民営化以外は全く力が入ってない。120項目の大半が、一行程度の能書きの後に「推進する」と書いているだけだ。今後の日本に重要な外交関係は最期のページに「体裁上」まとめられているだけで、明らかに力は抜けている。「名は体を表す」が如く、実際に力は抜けているだろう。

 拉致問題の項目も非常に簡単な記述で力なく書かれている。『経済制裁も含めて・・・云々』と有るが、本当に解決する気があるとは思えない。むしろ「現状維持」を望んでいるのではないかとも思える。

 私の考える所では、「経済制裁」などでは何の解決も出来ないと思う。北朝鮮の拉致問題はスパイによる国家犯罪ではあるが、人権問題でもある。人権抑圧の問題を国際提議して行き、北の民主化を進める事こそ必要があると思う。
 脱北者も政府として、「人権擁護」の立場で国際的に「堂々と」援助していけば良い。こうした人権・民主の推進こそキムジョンイルの一番恐れる「攻撃」なのだ。仮に現状のまま、アメリカが北を先制攻撃等をしても、有る意味、中国を後ろ盾に持つキムジョンイルの「思う壷」である。

 所が、「人権・民主」になると中国も手が出しにくくなり、せいぜいスパイ達を使い妨害活動くらいしか出来ない。つまり、この攻め方は「核」よりも強力なのだ。

 少し戻るが「経済制裁」は「軍事的攻撃」の前段階に過ぎない。もう少し戻ると、こうした「空気」は自民党の「憲法改正」の口実になるだけだ。それらを裏付けるように、マニュフェストでは24項目めに「憲法改正国民投票法案」の早期制定を目指すと有る。所が、拉致問題は終わりに近い109項目めで、漠然とした内容で確認する、傾注する、と有るだけだ。他に財政再建にも行政改革にも逆行する「防衛設置法案」を成立させとある。

 さて、冒頭の郵政民営化だが、どうだろうか?郵貯・簡保の340兆円だが、「官」から「民」とあるが、決して「国民の手元」や「福祉」に使われる訳では無い。今のままの法案だと、国の元本保証を無くし、世界一超巨額の自由「資金」として「金融市場」に「全面的」に回しますよ!って言うだけの事なんです。「役人天国を許さず」と言っても、26万人の郵便の国家公務員が新会社の社員になると言うだけで、霞ヶ関の本来の「役人天国」は「そのまま」もしくは「鞍替え」があるだけだ。

 このままでは「重税国家になる」と言ってるが、小泉氏の任期終了後は消費税を増税する。この事は明確にしていない。

 仮に「官」のスリム化が出来、官製市場開放が進んだとしても、無駄・不要の規制の緩和や特殊法人の解体縮小と天下り・談合体質や予算と言う名の税金に食らいつく既得権益システム解消・改善をが出来なければ、役人も議員も本来の「一般国民への」サービスをする「公務員」にはなってくれない。そうならなければ、我々の生活が実感として変えられないと思う。

 元に戻るが、この小泉自民のこの政策で喜ぶのは、アメリカ堀江氏の様な人達だけと断言出来ます。

民主マニフェスト

 民主のマニフェストもすべて良いとは言えないが、見るべきものは実に多い。その構成にしても、一番重要な、外交や財政の項目を前に出している(政党本来の姿だ)。

《外交》
■ODA(政府開発援助)を戦略的に活用(ODAの透明性、効率性を重視し、外部監査・業績評価を徹底する)
■「国際平和協力隊(仮称)」の創設
■国際刑事裁判所(ICC)早期加盟
※■「海洋権益確保法制(資源探査等主権行使法案など)」の制定(尖閣諸島・竹島を含むわが国の領土・領海、排他的経済水域を守るため)
※■「危機管理庁(日本版FEMA)」の創設
※■「北朝鮮人権侵害救済法案」の成立
※■派遣期限が切れる今年12月までに、イラクから自衛隊をすみやかに撤退
   ※は特に重要と私は考えます。

《財政》
■3年間で10兆円の歳出カット、国債発行額30兆円未満、プライマリーバランス赤字の半減を実現
※■次の5年間ではさらに歳出改革をすすめ8年目にはプライマリーバランスの黒字化
  ※これこそが景気回復の根源です。「破綻」の危機感が「財布の紐」を堅くさせ、国の国際評価も下げさせる

《郵政》
■郵便貯金と簡易保険を適正規模に縮小
※■特殊法人などに対する補助金3.5兆円を3年間で半減
  ※この様に特殊法人の名指しと具体金額が要るのだ!
※■高すぎる参入要件を緩和し、民間事業者の参入を具体的に促進
  ※こうしなければ、決して「官」から「民」に成らない。自民案では郵便局が株式会社になるだけで、巨大「独占企業」に成るだけだ。


 ホリエもんや刺客などの「ネタ」で喜ぶ、読者やブロガーが非常に目立つ、確かに「面白い」のは認めます。しかし、「それでどうした」って事です。

 やっぱり!「我が小泉さん」!に座布団一枚!! て感じで本当に一票入れちゃうんですか?!



 ★★あくまで、「小泉TV」と「現実」は分けて考えるべきですよ。★★





-------------

私はまだどの党に入れるかは決めてません。しかし、少なくとも、与党の自民と公明には入れない事だけは決めてます。
[PR]
by uncle-mac | 2005-08-20 11:27 | 政治・経済
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite