徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

光と陰、陰と輝 

明日は息子の高校受験日。

息子も母も少し緊張。 でも、出来るだけ平常心で臨んで欲しいな。



娘は高校受験が近づいた日々、緊張と不安で度々夜中に一人で泣いて居たらしい。。
あれだけ勉強して太鼓判を押され、実際に志望校に受かった彼の姉でさえ。


息子も寝られない夜が有るらしい。娘の様な進学校では無いが彼成りに頑張って来た。
入学出来たら、是非彼には学校の楽しさを味わって欲しい。中学時代の空白(虐めに依る不登校)で生じた喪失を少しでも取り戻してくれれば。




1、輝き
e0028625_23385830.jpg

撮影 E520+ZUIKO DEGITAL 40-150mm F4-5.6 ED ISモード1 ISO200 クリック拡大1024ピクセル


光が有れば、陰はどこかに必ず生じる。


輝きには二種類有る。

一つは、光を受けその中に有っても尚輝き放つ輝き。
もう一つは、光の中では見えずに陰の中でのみ、その存在が伺える輝き。

人や人生にも。






コメント欄の表示と書込には excite ログイン必要
[PR]
by uncle-mac | 2009-02-09 23:39 | フォーサーズE-520
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite