徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:オーディオ( 1 )

アナログプレイヤー編 その一

e0028625_21334490.jpg

 自室(事務室と命名)のオーディオはチープ。しかし、最低限のレベルは保っている。微妙なレベル。
 たらたらとご紹介して行きたいと思います。あくまで、主観の世界ですから「参考程度」と言う事でお読み下さい。

 紹介します機器は、販売中のもの、旧型番のもの、廃番のものとか色々です。しかし、ネットオークションを含めると良い状態で入手可能です。


 《アナログプレイヤー》

 LPレコードはお持ちですか?でも、プレイヤーは無い人が多いと思います。可能でしたら、購入して、LPを聞いて下さい。現代のアンプやSPで聞き直すと、きっと「惚れ直し」ますよ。「パチパチ音」(スクラッチノイズ)も少なくする小道具が沢山有りますのでご安心を。

 関門がふたつ有ります。一つ目は、プレイヤーの置き場所。二つ目は、イコライザーアンプ。
 
 一つ目の置き場所は、「家具」の上です。背の高い家具の上は没。プレイヤーの操作が出来ませんので。ホームセンターで売ってる腰高くらいの本棚様のラック棚が良いです。
 これを壁から少し離して置き、その上に丈夫で奥行きが40cm位の12mm厚位の棚板用のボードを置きます。これも、ホームセンターで売ってます。この上にプレイヤーを置きます。

 二つ目のイコライザーアンプ(カートリッジの出力周波数特性が歪んでます、これをRIAA特性の周波数補正を行います。これは、「フォノ入力」付きのアンプを買う事になります。今、これが付いてるのは高級品が多いです。これは、単独のイコライザーアンプを買うか、「フォノ入力」付きの「普及」コンポアンプか、「フォノ入力」付きの「上級」シスコンステレオを買う(いずれもネットの中古で良いです)かです。

私の使用機器
e0028625_22213188.jpg

 デンオンのDP-900Mです。これは、トーンアーム付き(カートリッジ無し)で便利です。アームやターンテーブルや本体がかなり、しっかりしてます。方式はクォーツロックDDドライブです。これは、1996年に「最終章」として発売され、当時99800円と言う「格安」値で発売されたものです。ネットの中古なら、恐らく、4~5万円も出せば買えると思います。
e0028625_22471736.gif

デンオンは今でもアナログプレイヤー↑DP-500M(定価78750円)を売ってます。これは、MMカートリッジも付属してます。これは、6万円代で買えると思います。
e0028625_23114517.jpg

 デンオンのDL-103GLです。MC型のカートリッジです。MCは更に「昇圧」が必要で、一般的には、「MC昇圧トランス」を介して、アンプのフォノ入力に入れます。面倒で、少し敷居が高いですが、すばらしい音が出ます。繊細かつ精確無比な音でしかも聞き疲れしない音です。
e0028625_2323184.gif

 MC昇圧トランスは小型のデンオンの↑AU-300LCを使ってます。LC-OFC(線形結晶無酸素銅)の巻線を使ってますが、7000円台で売ってます。これで全く持って、十分です。
e0028625_2327689.jpg

私のDL-103GLはDL-103のコイルを純金線で作った1990年発売で2000本限定品です。定価50000円で確か、四万円少しで買ったと思います。写真の様な奇麗な木箱に入ってました。今は、DL-103R(コイル高純度銅線)が売っています。二万円ちょっとで売ってます。デザインや特性はDL-103GLと略同じです。
[PR]
by uncle-mac | 2005-07-17 21:29 | オーディオ
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite