徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Nikon D-200( 86 )

木枯らしの日の夕日    

今日、夕方近く強風が吹き荒れ、寒くなりました。

明日は寒気団がやって来ます。

e0028625_19513586.jpg

撮影 D200+AF-S VR ED 70-300mm F4.5-5.6G (300mm位置) f:5.6 1/5000sec -0.7EV補正 WB=オート ISO400 クリック拡大

More 実はテスト撮影
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-17 20:31 | Nikon D-200

ピンクの薔薇  

小さな薔薇、今度はピンク。


何本もある中で有る一輪が目立ってました。


1、美人輪1
e0028625_21365650.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:3.8 1/60sec +0.3EV補正 バウンズ外部ストロボ・レフ版使用 WB=太陽光 ISO200 クリック拡大

近づいて。

More あと、画像二枚
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-11 18:02 | Nikon D-200

紅葉の牛滝  その三 (黄色)

 牛滝山(天台宗大威徳寺と牛滝川の渓谷)の紅葉。


 撮影日は11月25日、写真は全て色調整無しです(当時の見た目に成る様に多少明るさ調整)。

 今回掲載の写真は「黄色系」です。

 紅(黄)葉が細かいので、是非画像クリックして拡大でご覧下さい。


(※師走に入ってクリスマスも近いのに今更「紅葉」も無いですし、秋ネタ記事をご覧に成る方も余り居らっしゃら無いとは思いますが、、一度やり出したのを止めるのが嫌な性格のものでして。)



 黄色の紅葉はキサントフィル(詳細は前回のシリーズ記事に)の色です。秋の広葉落葉樹の葉の変色の基本はこの黄色。紅葉は葉としての役目が終わり、冬の準備をする前のイベントです。一般的には黄色が主流です。赤は斑としての出現が多い。日本の楓の場合は真っ赤一色が有る。これは例外的なもの。世界的にも黄色が多い。カナダなどの紅葉は黄色ばかり。

 所で何故、この様に奇麗な紅葉をするのかは謎の様です。実を食べて貰う目印の目的でも無い(実の無いものでも紅葉するし、実自体に奇麗な色が付く事が多い)様ですし。。



1、黄(おう)1
e0028625_17302448.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:2.8 1/1250sec -0.3EV補正 WB=太陽光 ISO400 クリック拡大

 私の場合、楓もこの黄色が好きだったします。緋色も好きです。

 1387ピクセル画像↑ですクリック拡大下さい。


2、黄2
e0028625_1759983.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:2.8 1/350sec -0.3EV補正 WB=太陽光 ISO400 クリック拡大

More あと、画像三枚と他の黄葉
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-09 17:48 | Nikon D-200

紅葉の牛滝  その二 (赤色)

 牛滝山(天台宗大威徳寺と牛滝川の渓谷)の紅葉。


 撮影日は11月25日、写真は全て色調整無しです(当時の見た目に成る様に多少明るさ調整)。

 今回掲載の写真は「赤色系」です。

 紅葉が細かいので、是非画像クリックして拡大でご覧下さい。



 紅葉(黄葉)の条件は「1日の最低気温が8度以下の日が続くと色づき始め、さらに5度以下になると一気に進むとされる。美しい紅葉の条件には「昼夜の気温の差が大きい」「日照時間が長い」「湿気が少なく乾燥している」などの条件が必要。(Wikipedia)」と、なっている。

 紅葉の赤色の正体は糖分から生成されたアントシアン(抗酸化作用などで知られるポリフェノールの一種)。イチゴの赤も同じもの。黄葉の正体もやはり糖分から生成されたキサントフィル(こちらも抗酸化作用有り)。ただ、アントシアンは秋に作られる。これには寒さ以外に好天による日照(紫外線)も必要。これに対してキサントフィルは若葉の時から葉緑素(クロロフィル)と同居している。アントシアンの方が「出来立て」である。



 秋になるとクロロフィルが分解されて、キサントフィルやアントシアンの含有比率が増えるので外見が赤や黄になる。

 楓の紅葉(黄葉)の色の「鮮やかさ」「濁りの無さ」はクロロフィルやタンニン関係の物質が少ない+キサントフィルやアントシアンの多い事から来る、言わば「自然の奇跡」の様なもの。

 一般的には、低地よりも山等の高地の方が美しい。また、低地でも年間の寒暖差が大きい地域でも奇麗に成り易い。京都の紅葉が美しいのはその寒暖差(夏が猛暑で冬が厳しい、盆地のせいで昼夜差も大きい)の為。



 因に、私は少し前には紅葉で有名な大阪府箕面市に住んでいた。箕面の滝に行く迄の土産物店では「紅葉の天ぷら」を店頭で天ぷらにあげて売っている。衣自体も甘くしているが、葉にも多少甘みが有る。この紅葉てんぷらは私も好きです。

 みなさんも来年は本当に「紅葉狩り」をして、家で天ぷらにしてみて下さい。



1、紅(くれない)1
e0028625_162018100.jpg

撮影 D200+AF180mmF2.8 D f:4 1/160sec +0.7EV補正 WB=太陽光 ISO200 クリック拡大


2、紅2
e0028625_16282325.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:3 1/250sec -0.3EV補正 WB=太陽光 ISO200 クリック拡大

More あと五枚
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-02 16:50 | Nikon D-200

紅葉の牛滝  その一 (緋色)

ウーマンex.紹介の紅葉の名所が近場に有ったので、先週末行って来ました。

牛滝山(天台宗大威徳寺と牛滝川の渓谷)の紅葉です。




雨の合間の貴重な陽射しにも恵まれ、上々の紅葉狩りと成りました。

紅葉はなかなか奇麗でした。見頃としては「最高」よりも3〜5日過ぎた感じですがそれでも素晴らしいです。




写真は全て色調整無しです(当時の見た目に成る様に多少明るさ調整)。
撮影は午前中。朝の光が一番です。



楓の紅葉は「赤」のイメージが強いですが、紅葉には、赤と黄色(黄葉)とそれらの混合である緋色(赤っぽい朱色)の三色が有ります。

今回掲載の写真は「緋色系」です。




1、緋1
e0028625_15182125.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:4 1/640sec +0.7EV補正 WB=太陽光 ISO200 クリック拡大



2、緋2
e0028625_15184125.jpg

撮影 D200+AF180mmF2.8 D f:3.2 1/160sec +0.7EV補正 WB=太陽光 ISO200 クリック拡大

More あと三枚
[PR]
by uncle-mac | 2006-11-29 20:12 | Nikon D-200

紅葉の牛滝  その一 (緋色)《画像追加》

1248ピクセルです。
是非、クリック拡大してご覧下さい。


少し、紅葉狩りの気分がでますよ。



6、緋6
e0028625_21531984.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:4 1/500sec +0.7EV補正 WB=太陽光 ISO200 クリック拡大
[PR]
by uncle-mac | 2006-11-29 20:11 | Nikon D-200

晩秋の桜

名所ではなく、家のすぐ傍の公園のさくら。

今日は天気が良かった。



1、べに桜葉
e0028625_2035815.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:6.3 1/250sec WB=太陽光 ISO160 クリック拡大

More もう一枚
[PR]
by uncle-mac | 2006-11-24 20:07 | Nikon D-200

桜と焼き芋

私が桜の落紅葉を見ると、思い浮かべるイメージは何故か焼き芋。

「芋」を抜いて見ても、桜の葉は何故か美味しそうに見える。


e0028625_19511147.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:3.2 1/250sec WB=太陽光 ISO160 クリック拡大

焼き芋用に桜の葉を沢山集めました。


e0028625_19515378.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:3.2 1/350sec WB=太陽光 ISO160 クリック拡大

桜で芋を焼くととても香りの良い焼き芋が出来ます。

More 桜の紅葉枝写真二枚
[PR]
by uncle-mac | 2006-11-22 19:54 | Nikon D-200

椅子の白薔薇

薔薇が咲くのは、、



私には何となく、
「秋」のイメージが有ったが、実際には。

春に咲くもの四季に咲くものと色々。


バラ科、、。。よく考えると、この種類(梅、桜、桃、リンゴ、その他)は春咲きばかり。

春の花だ。




なのに、秋が似合うと今も思う。

・・何故だろう。



1、椅子
e0028625_17332558.jpg

撮影 D200+AF85mmF1.4 D f:1.4 1/8000sec -3.0EV補正 WB=太陽光 ISO160 クリック拡大


時々晴れ間、薄曇りの日に庭の椅子の上に花瓶を置いて撮影。



 85mmを開放にし、露出を白い花弁に木漏れ日が当っている所に合わせる。
ピントも同様に。

 少し寒い感じで、モノトーンぽく撮れた。
狙い通り。



 もう一枚は最接近距離で撮影。このレンズは近接能力が低い。もっと近づいて背景を暈したいのに、、。




 ブツブツ言ってる間に、陽が弱く成り撮影チャンスは消滅して行く。

 この時期の一日は儚く短命だ。
それが何故か、心地良かったりもする。

More もう一枚アップと壁紙三枚。
[PR]
by uncle-mac | 2006-11-19 17:33 | Nikon D-200

ブラインド その2

昨夜、深夜に目を覚ますと、

嫁が胃が痛くて寝られないと苦しんでいた。



で、

けさ朝一番に、この件が終わる迄仕事は休んで医者に連れて行く。


1、クロス
e0028625_20592181.jpg

撮影 D200+SP AF17-50mmF2.8XR Di II (50mm位置) f:2.8 1/5sec WB=太陽光 ISO400 クリック拡大


・・「風邪」との事でした。

More あと1枚と話の続き
[PR]
by uncle-mac | 2006-11-13 21:15 | Nikon D-200
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite