徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:文化・家庭( 89 )

もう、年賀状書きました?   

 年賀状、書きました?

 私はもう書きました。


e0028625_19565771.jpg


 このイラスト良いですね。


 実はこれ、郵政局のHPのフリーイラストです。

 一度、アクセスして利用して見て下さい。

イラスト
デザイン文字
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-18 20:04 | 文化・家庭

きく8号は   

<H2Aロケット>「きく8号」打ち上げ成功

e0028625_18504018.jpg

 良かった。連続成功、おめでとう。

 これで、かなりイメージが向上したのではと思う。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午後3時32分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから技術試験衛星「きく8号」搭載のH2Aロケット11号機を打ち上げた。約28分後、衛星を分離し、打ち上げは成功した。05年2月の7号機以降、5機連続の成功となる。

 きく8号は静止衛星で、日本の衛星としては過去最大の5.8トン。搭載した11号機は、点火時に強力な推進力を得るため、1段目に装着する大型の固体ロケットブースター(全長15メートル、重さ75トン)を従来の2本から4本に増やした。大型4本を使用した打ち上げは初。

 11号機は太平洋上を東に向かって上昇。第2段ロケットから衛星を分離。衛星は順調なら約2週間後に、東経146度、赤道上空約3万6000キロの静止軌道(地球の自転と同じ周期の円軌道)に入る予定。

 きく8号は、携帯端末と衛星との通信システムの実証が目的。山岳遭難や災害の現場などから、画像や高品質な音声の伝送が可能で、被災地支援などに役立つことが期待されている。


 きく8号はアンテナを広げると全長40m、全幅40mにもなる大型衛星。

 大きなアンテナは衛星通信式の携帯電話の実験の為の物。携帯のアンテナが小さくても済むとの事。この事は大変な差が出る。

e0028625_191613.jpg


 今迄の衛星通信携帯電話はアンテナ部などを含めるとても大きい。山岳登山や海上の小型船(ヨット等)航行では負担が大きい。仮にそれが普通の携帯電話並みになれば凄い。

 この研究は今後結構期待出来るのでは無いかと思います。
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-18 19:02 | 文化・家庭

エネルギーが有る絵  〜壁画画像有り〜

<故岡本太郎画伯>巨大壁画「明日の神話」が一般公開 東京
e0028625_58666.jpg

 とてもエネルギーが有る絵です。命の力。
 
 原爆のものと思われる赤い火炎にも焼きつくされない生命。


 テーマから言っても、本当に日本に帰って来て良かった。

 
e0028625_5122950.jpg

   クリックすると拡大します ↑

More 記事覚え書き
[PR]
by uncle-mac | 2006-07-09 05:15 | 文化・家庭

本当の七夕

「七夕」が「過ぎました」が、どうでしたか?

 お願いは?  そもそも、星見れました?


 「忘れた、見れなかった」 ・・・でも、心配しないで下さい。本当の七夕は別の日に有りますよ!


1、いのり
e0028625_104245.jpg

撮影 D200+AF35mmF2D f:2.0 1/10sec ISO160 クリック拡大

 7月7日では毎年、梅雨空でまともに見れる事は殆ど無いでしょう? 元々七夕は梅雨の時期では無く、今の暦の7月末〜8月末になります。これなら天気が良い可能性が大きく成る。

 所謂、旧暦の太陰太陽暦(天保暦)の7月7日です。ただ、今の暦(太陽暦、グレゴリオ暦)の何日に成るのかを「正確」に決めるのは難しいのです。
 現在での「本当の七夕(=伝統的七夕)」は、『処暑に最も近い朔(さく、=新月)の時刻を含む日(日本時間)から、数えて7日目(七日月)を「伝統的七夕」の日とします。』 (処暑:24節気のひとつで、天文学的には太陽黄経が150度になる瞬間を含む日。)

 因に、今後の7年間の予定は
 2006年  7月31日 月曜日
 2007年  8月19日 日曜日
 2008年  8月 7日 木曜日
 2009年  8月26日 水曜日
 2010年  8月16日 月曜日
 2011年  8月 6日 土曜日
 2012年  8月24日 金曜日

と成ります。ちょっとややこしいですが、、。いまの西暦と旧暦では時間のズレがあるので、こうなってしまいます。

 まあ、とりあえず今年は7月31日ですよ!!



2、ねがいごと
e0028625_10441957.jpg

撮影 D200+AF35mmF2D f:2.0 1/10sec ISO160 クリック拡大

 ↓ オマケです。ご覧下さい。

More 七夕の星空と物語
[PR]
by uncle-mac | 2006-07-08 10:58 | 文化・家庭

7月1日よりタバコ値上げ

世界初の全面喫煙機就航か 来春、日独間で

 くいものにされる様な馬鹿にされる様な気がする、悪徳商法に思えます。

<窃盗事件>たばこ大量に盗まれる 愛知の雑貨店
インタビュー:JT、たばこ値上げでも販売計画は維持
<たばこ>値上げを前に駆け込み需要、出荷1.5倍
たばこ、1日値上げ 増税などで1箱20−30円

 7月1日よりタバコ値上げされます。

 おおよそ20円ですがマイルドは30円値上げ。一箱300円時代です。

 禁煙しますか?

買いだめ?禁煙?−7月1日からたばこ値上げ

e0028625_1335130.jpg


ーーーーー

 こんな記事が有りました。
 『増税に伴うタバコの値上げ額について、「高い」と感じる喫煙者は85.7%だった。しかし65.3%は「増税による値上げをきっかけに禁煙しようとは思わない」と考えている』

 半分以上の人が禁煙に走る金額は500円だと言うことです。まだまだ、「余裕」が有る様です。
 これ、「ニコレット」のファイザー製薬の調査ですが。実際、これでもまだ「安い」様ですよ。


 また、こんなHPも有りました。

 外国旅行してタバコを買った事の有る人はご存知でしょうが、日本のタバコはこれでもまだ、先進国の中では一番安いのです。そして、税率もまだ安い。

 禁煙は「禁煙治療」を受けられます。部分的な保険も効きます。病院治療を受ければ確実に禁煙成功します。

 タバコはニコチンによる中毒で吸いたく成っているだけです。癌だけでは無く、老化も促進されEDの原因にも成る様です。痴呆の原因の一つとも言われてます。

 機内全面禁煙が常識になる中、「世界初の喫煙者専用」をうたう航空会社が来春、ドイツ西部デュッセルドルフ−成田間で「吸い放題」のジャンボ機を運航する計画を練っている。
 12時間程度かかる長距離フライトで、たばこが吸えないスモーカーには朗報となりそうだが、すぐに認可が下りるかどうかは不透明という。
 この会社はロンドンに本社を置くスモーカーズ・インターナショナル・エアウェイズ。1日1箱半のたばこを吸うというドイツ人投資家が社長だ。
 ボーイング747をリースし、ファーストクラス30席とビジネスクラス108席を配置、エコノミーはない。「大金を払ってでも吸いたい」日本人乗客を狙い、来年3月26日に就航させる予定。

More 記事覚え書き
[PR]
by uncle-mac | 2006-07-01 08:51 | 文化・家庭

墨田川の怪物

カンヌ絶賛した韓国の怪物映画が日本上陸

e0028625_17135512.jpg

『グエムル 漢江の怪物』と言う邦題で9月頃公開らしい。

e0028625_17333469.jpg
 原題は、単に『怪物』(괴물(クェムル))。英題では『宿主』(THE HOST)。どうやら、日本や米国の様に「愛称」は無い様だ。映画の劇中でも名前は出ないだろう。邦題も『怪物』にして欲しかった気がする。最低でも『クエムル』にすべきだったと思う。
 東京で言えば「墨田川の怪物」なんて何の為に付け加えてるのか?


 韓国の怪獣映画と言えば完全なB級だけだった。この「好評」な『怪物』はどうなんだろうか?私も思うに、「ゴジラ」も本当に良いのは、第一作目の『ゴジラ』だけです。次が『ゴジラの逆襲』まで。
 やはり、脚本が一番大事。次に俳優の演技。CGの「鯖の化け物」よりも、「実写」のソン・ガンホの演技としっかりした脚本がカンヌの観客の心を掴んだのだと思う。

 とは言え、いまやCGでの「手抜き」は許されない。正直言って、日本の怪獣映画のCGはレベルが低過ぎる。TV広告のCGの方が遥かに良く出来ている。そろそろ、「着ぐるみ」も含めたクオリティの本格見直しが必要だろう。勿論、「子供向け」の脚本も完全に止めて欲しい!でなければ、日本の怪獣映画は韓国の陰に隠れてしまうだろう。
e0028625_17153466.jpg


More
[PR]
by uncle-mac | 2006-06-21 17:34 | 文化・家庭

ダ・ヴィンチ コード を観て

「ダ・ヴィンチ」公開、開場前に500人
映画「ダ・ヴィンチ・コード」海賊版DVD、早くも上海で販売
全米映画興行収入=「ダ・ヴィンチ・コード」が今年最高のオープニング
『ダ・ヴィンチ・コード』の庭も登場、英国ガーデニングの祭典
<ダ・ヴィンチ・コード>映画に揺れる世界、各地の現象は!
ーーーーー
映画「ダ・ヴィンチ・コード」、中国で上映を制限する動き

 ダ・ヴィンチ コード を昨晩観て来ました。
e0028625_1556431.jpg

 まず、この映画の感想。『知的で”美しく”映画らしさの溢れる展開の素敵な映画』でした。
 そして、「面白いお話」と言う事。

 暗号云々はともかくとして、映画のストーリがフィクションそのものな事は言われなくても誰の目にも明らかな様に感じました。

 何故「上映禁止騒ぎ」などが起きたり「デタラメだア」と騒ぎ立てる輩(信者、本、評論、ブロガー諸君、その他)の反応が不思議で仕方無い。・・結局、「あやかり商法」だったり、「あやかり注目願望」なのかも知れない。結果として、キリストに皆が再注目した訳で、教会関係者にとってもプラス要素が有った様に思います。
 キリストの職業は大工さんだった訳でやはり「人間」と同じ様に「生活」が有った。当然人間の親があり、人間の妻や子供が有るのも至極自然な事で当然「予想」される事です。「人間キリスト」が真実で、言い伝えや奇跡などの方こそフィクション性が高い。


 トム・ハンクス、実に良い。ラングドン役が嵌まってます! 『アポロ13号』の「ロン・ハワード監督+トム・ハンクス主演」と同じゴールデンカップル。私はトム・ハンクスの存在については『プライベートライアン』で明確に認識しましたがこの映画も含めて、トム・ハンクスからは常に「静かで的確な知性」とでも言える様なものを受けます。

 ところで、この映画(小説)は意外に宗教臭さがないです。もう少しキリストの描写も有るのかと思ったが そうでも無く飽くまでスマートで知的なサスペンスでした。もっとも、キリスト教の宣伝映画の様なものには興味は無いのですが。


 実はこの『ダ・ヴィンチ コード』の前にラングドンが登場する作品が有ります。
 それは『天使と悪魔』、過去のラングドンに会えます。ダン・ブラウンは既に「ラングドン」(暗号サスペンスシリーズ)シリーズの三作目と言える新作小説に取りかかっているそうです。

 『天使と悪魔』やこの新作も映画化して欲しいですね。勿論、トム・ハンクス主演で。

 
e0028625_1603344.jpg

  ウエストミンスター寺院

 映画の謎ときのクライマックスシーンに関わるのがこの寺院。アイザック・ニュートン(この小説の中ではシオン修道会のメンバーと成っている)の墓が有る。
 映画の撮影は外見が主で、実際にはロンドンから離れたリンカーン大聖堂で行われたそうです(ウエストミンスター寺院の撮影許可が出なかったそうです)。

 因に、英国政府観光庁やフランス政府観光局などが旅行会社とタイアップして「The Da Vinci Code Tour」と言うのをやって居ます。これを見るのも面白い。


 この映画の本当の主役とも言えるマグダラのマリアだが、映画中に何度かドラマチックに登場する。勿論、娼婦等では無い。美しく、愛情溢れたキリストの妻として。
 英語ではMary Magdalene。仏語ではMarie Madeleine。マドレーヌとはあのお菓子の名前。

 男性支配主義と言う観点で眺めると(カトリックを中心にした)キリスト教もイスラム教も似た所が有る様ですね。どちらも古い宗教だから古い体制や考え方を中心にするのは当然かもしれないですね。そう言った部分を現代化出来ない硬直性が宗教の欠点かも知れません。もっとも、宗教が保守的なのは本質的に当然かも知れませんが。。
 

e0028625_1632643.jpg

「これは我が肉、これは我が血」   「汝等の内一人が我を渡さんとす」       ↑ クリック 拡大します

 確かに、この絵は妙です。実は私、この小説よりはるか以前から、黄色の「↓」の空間が気に成っていました。「・・なんで、ここが(不自然に)空いているんだろう」と。キリストのすぐ左の人物が無理矢理避けて間があいている気がしてました。
 小説の指摘で赤色の「↓」の人物を改めて見ると、明確に「女ぽい」「悲しんでいる」の二点が見て取れます。この絵の場面的に考えると、”物思い悲しみにくれる”様な状況では無いでしょう。現にこの人物とキリスト以外はうろたえていたり、お互いを疑り合っている。
 (キリストは裏切りを知りながら目立つ晩餐を行い弟子達との結束の契りを結んだ後、逮捕・処刑され自らが「神」と成る。もっとも、裏切りが有ろうと無かろうと、何れは逮捕され処刑には成っていただろう。むしろ、「裏切り」は演出の様に思える。)

 この巨大な絵(幅8.8m、縦4.5m)にダビンチが明確に描いたのは「人間の姿」だったのです。古典宗教的画題であっても常にダビンチが描きたかったのは「真実」。胡散臭い、「光輪」や「翼」は書きたがらなかった。きっと宗教の本質も見抜いていたのでしょう。

 この壁画は観光で見学(約10ユーロ)出来るが、予約制に成っている様でして、アポ無しでいきなりイタリアに行っても見る事は出来ない様です。

More
[PR]
by uncle-mac | 2006-05-24 20:17 | 文化・家庭

この映画は是非見に行きたい

<米映画>ダ・ヴィンチ・コード、日本でも全国一斉に公開

e0028625_9403510.jpg

 色々な批判が渦巻き、検証本や批判本(これらも結局ちゃっかり儲ける肖り商法)も数多く出版されている様です。

 飽くまで、フィクションとしての扱いなようですが、世界中に波紋を広げていますね。ブログの論調も賛否両論。クリスチャンの少ない日本でもこうですから、他国では余程と思います。イスラム圏ではどうなんでしょうか?

 そもそも、宗教じたいも一種のフィクションだ、「ダ・ヴィンチ・コード」の世界を本当だ嘘だと言っても詮無い事の様にも思える。が、一種の人為的なタブーに挑戦しミステリアスな提示はとても意義深い気がする。
 上映に対しての抗議活動は、キリスト教の持つ攻撃性と強い排他性がいつもの如く表出した気がする。非常に不愉快な光景。
 ブログでも、管理者がクリスチャンと思えるものもこの問題で露出している。一つの考えに対してマイナスキャンペーンと囲い込む。プラスの多い筈の宗教が持つマイナス面を感じる。

 イエスもブッダも「当時」は普通に人間(勿論、宗教家としては天才)。奇跡や神格化は後世の宗教関係者や為政者の都合で、「事実化」や教義に添えられて行っただけのもの。人間だから、人から生まれ、子孫を残す事も当たり前の事。イエスもブッダも生物としての人間と言うのも当たり前。信じる者に取って尊いのは奇跡やその神格化では無く、「教え」で有るに過ぎない。

 この映画は是非見に行きたい。トムハンクスも好きな俳優。


全米映画興行収入=「ダ・ヴィンチ・コード」が今年最高のオープニング

映画「ダ・ヴィンチ・コード」海賊版DVD、早くも上海で販売

 毎度の事ですが、早いですね。67円て、日本的には「生」DVD板代とパケ印刷代と「量産」代を足したら「マイナス」が出そうなくらい低価格ですね、、。もっとも、DVDディスクの製作業者(工場)は中国に沢山有り、日本で沢山売られているDVDも殆ど中国製だ。

 もっとも流石の中国でも、この様な海賊版の製造は、上記のメーカーの下請け孫請けなどの末端が闇でやっているのだろう。賄賂国家なので、「鼻薬」が効いていれば摘発も鈍い。

 しかし、いくら高品質な海賊版が出ようと、映画+DVDの売り上げは莫大だろう。蚊に刺された様なもの。

 ところで、キリストが「主役」「主題」の映画が多いが、マグダラ主体の映画ももっと作っても良いと思うが。
 更に、「人間」としてのブッダの映画などもよいのではと思う。が、こちらは欧米圏の関心が低いかな、、。
 

More 記事覚え書き
[PR]
by uncle-mac | 2006-05-21 19:31 | 文化・家庭

やはり、これですよね

「ナウシカ」復活上映に長蛇の列

e0028625_15324276.jpg

 「風の谷のナウシカ」(84年)ニュープリント版上映。 ・・・やはり、これですよね。
そう言えば、私も映画館では見ていないな。

 私は、この作品と「となりのトトロ」の二つが一番好きですね。出来も一番良いと思う。二番手で「天空の城ラピュタ」ですかね。反面、近作は今ひとつ心に響くものが無い。

 が、息子さんの「ゲド戦記」は久々に手応えがありそうですね。

More 記事覚え書き
[PR]
by uncle-mac | 2006-05-20 15:13 | 文化・家庭

いつも新鮮でポップで楽しい

PUFFYが雨の中10周年記念野外ライブ

e0028625_13404610.jpg


 もう、デビュー10年も経つのですか。。 全然それを感じさせませんね。

 いつも新鮮でポップで楽しいPUFFYです。

 アメリカの人気も抜群、アニメだけじゃなくライヴも好評の様です。英語版の歌も沢山だしていますが、発音も抜群ですね。実に上手い。単に発音が上手いだけじゃ無く、楽しい気分になる歌に成っています。

 今や阪本九さんの次に有名で、世界的な日本人歌手じゃないでしょうかね。

e0028625_13482535.gif
e0028625_13484056.gif

[PR]
by uncle-mac | 2006-05-14 13:49 | 文化・家庭
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite