徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 10月 ( 90 )   > この月の画像一覧

首領様!! はよ、いらっしゃい. 番頭さんは待ってますよ!!

米牛肉、年内に輸入再開へ 政府の責任強調し容認

内閣府食品安全委員会のプリオン専門調査会が31日開かれ、牛海綿状脳症(BSE)感染の危険性について、北米産牛肉と国産牛肉を同じ基準で比較評価することは「科学的に困難」としながらも、「北米産牛肉の輸入再開条件が、日本政府の責任の下に順守されれば、リスクの差は非常に小さい」とする、答申案の結論をまとめた。
ーーーーーーーーーー

 さっぱり、分からない。

 「北米産牛肉の輸入再開条件が、日本政府の責任の下に順守されれば、リスクの差は非常に小さい」
 ・・・って、何の根拠で言ってるのやら。御用学者や御用識者の机上の「書類」過ぎない。

 結局、騒ぎの前と何も変わっていない。安全性の向上は何も無い。無駄な時間が浪費され、御用学者や厚生労働省・外務省の役人に対して無駄な税金を消費しただけだ。


 米国の食用牛の大規模生産現場では、牛の年齢判別は全く不可能に近く、現場の係も「感」で「見た目」の違いで年齢判断をして居るだけだ。個別の牛の年齢管理は全くいい加減のまま放置されている。

 日本政府が「何才までの」と言っても、「馬の耳に念仏」に過ぎない。

 事実上、アメリカ側の「完全勝利」に過ぎない。前の「五カ国(六カ国)協議」の北朝鮮完全勝利、日本無視と同じ事だ。


 もともと、アメリカが日本に牛肉を輸出したがっているのは、アメリカの牛肉産業が生産規模を拡大し過ぎた事に原因が有る。その「尻拭い」を日本がさせられているだけなのだ。
 もし、日本に輸出出来なければ、生産者価格が暴落するのを避けにくくなり、過剰農産者の雇用確保も難しくなる。ただそれだけの事。

 実に、日本は「便利な国」なのだ。
 
[PR]
by uncle-mac | 2005-10-31 17:40

史上最強の「一人独裁・やりまくり」内閣が出来上がる

官房長官に安倍氏 小泉改造内閣、今夜発足

小泉首相は31日午後、内閣改造で安倍晋三自民党幹事長代理を官房長官として初入閣を内定。党3役人事は、新たな政調会長に中川秀直国対委員長(森派)を起用、山崎派出身の武部勤幹事長と旧橋本派出身の久間章生総務会長は留任。内閣改造では麻生太郎総務相も主要閣僚で閣内に残す。同日夜に認証式を行い、改革総仕上げ第3次改造内閣を発足。
ーーーーーーーーー

 従来派閥の無力化、一見最大派閥の森派を”従えた”、実は最大派閥の小泉派(チルドレンなどは全て含み、処罰元自民議員も含む)の陣固め、内閣人気の補強の三点の特徴を持つ内閣が出来たと言う事だ。

 小泉氏はこれで、この一年間に「懸案の解消」へのレールを全て引き終わらせて、その後を安倍氏なりに任せて、その後の最大最高権力者として死ぬ迄君臨し続ける積りだろう。


 安倍晋三氏は父は岸信介の娘の婿の安倍晋太郎。佐藤栄作は大叔父に当る。弟は岸家の養子に成った岸信夫参議院議員だ。もう、「バリバリ」も良い所だ。妻は森永乳業創業者の親族。家庭教師は、あの拉致議連で有名な平沢勝栄がしている。名前の「晋」は「高杉晋作」から来ているらしい。

 安倍氏は言う迄も無く典型的な保守の固まり、その甘めのマスクとソフトな口調とは裏腹に、代表的な「タカ派」とも言われる。

 この人物が今後の官邸を取り仕切る。

 小泉氏の「君にも責任を持って、仕事をしてもらいたい」と言うのは、今後の言動・行動について有る意味「釘を刺した」ものとも取れそうだ。

 何れにしても、史上最強の「一人独裁・やりまくり」内閣が出来上がる訳だ。これに対抗出来るのは、もはや国民そのものしかない。↑これが「小泉改革」の正体。
[PR]
by uncle-mac | 2005-10-31 16:52 | 政治・経済

個人的には、好きなタレントですね

レイザーラモンHG“倒れるまで腰を振れ”

「子供の教育によくない」——。こんな批判の声が上がり始めたのが“ハードゲイ”のキャラを売りにするお笑い芸人・レイザーラモンHG(29)。発売中の「週刊文春」で実施された「子供に見せたくない芸能人アンケート」でブッチギリのトップになってしまった。
ーーーーーーーーーーー

 個人的には、好きなタレントですね。本人も視る方も、「本気じゃない」のは明確だし、突き抜けて、理屈抜きに面白いキャラクターだと思う。

基本的に「一発芸」なのにキャラクターとして確立してしまっているのは、
ひとえに「住谷」の人間的な真面目さ・誠実さが「仮面」の外にはみ出て来ているからだと思う。

 我が家では親子で楽しんでみていますよ。(うちはどちらかと言うと教育重視家庭ですが)

 「ゲイ」と言う「かぶりもの」を除けば良い人である。
その上実に単純に面白いし、”上品”な位です。

今の芸能人のお笑いに主流の「ゴシップや自虐」などよりも、余程"健康的"で面白いではないか!と思う。

ただ、”本物のゲイ”の皆さんがどう思っているのかが気に成るが、「笑って許して」欲しい。

何れにしても、来年の夏迄には「HG」は消えて、「レイザーラモン住谷」が出て来てますよ!


 《参考》

 ランキングは、bouquet_garniさんの記事 「子どもに見せたくない芸能人タレント」
に出てます。

 ロンドンブーツや細木数子や島田伸助やインリン・オブ・ジョイトイなどは順当なランクインだと思う。コイツ等は皆んな嫌いです!!
 
[PR]
by uncle-mac | 2005-10-31 14:31 | 社会・事故・災害

厚かましくも寂しい、確信犯的量販店魂!

<愛・地球博>モリゾーとキッコロ 店が無断で客寄せに利用

愛・地球博(愛知万博)閉幕後、「森に帰った」(万博協会)はずの公式キャラクター、モリゾーとキッコロの着ぐるみが30日、名古屋市港区の家電量販店の新装開店イベントに出演した。万博協会は、万博閉幕後の着ぐるみ使用を禁止しており、「良心に委ねるしかないが……」と困惑している。
ーーーーーーーーーーー

 これ、「エイデン名古屋みなと店」ですね!!

みなと店だけじゃなく、エイデン各店をモリゾーとキッコロの着ぐるみが回ってるそうです。


 そりゃ、客寄せに成りますよねえ、他が無いんだから..。 でも、ルール違反。


「目指せ!!売り上げ1兆円!!」ですか...。
コジマ、ビックカメラ、その他との競争が激化しているらしいが..。
[PR]
by uncle-mac | 2005-10-31 13:48 | 社会・事故・災害

沖縄県はまるで、日本の植民地扱いなのか

「普天間移設、撤回を」 沖縄で県民総決起大会

米軍普天間飛行場のキャンプ・シュワブ(沖縄県名護市)沿岸部への移設など、日米両政府が合意した沖縄の米軍再編に反対する「県民総決起大会」が30日夕、那覇市の公園で開かれた。主催者発表で約5000人が参加。移設の撤回を求めるアピールが続いた。
ーーーーーーーーーーーー

 今回のは明らかに、ブッシュ首領様が来日される前に「お膳立て」を整えただけ。逆に考えるなら、「首領様」の来日を切っ掛けにして「邪魔な懸案」をさっさと片付けたと言う事でしょう(消費税も改憲も同様)。

 当然、「沖縄県民を完全無視」して、「TOP同士」で勝手にしてしまった訳だ。

小泉氏は『県民の皆さんには「理解をして頂く様にやって行く必要がある」と言っている』つまり、飽くまで「事後承諾」を「させる」だけなのだ。


 そもそも、「基地移転」は県民への負担軽減の筈だったのに、この結果は一体どの様な意味が有るのだろうか?何が「軽減」されたのか?

 そして、この新基地の為に世界的にも貴重で美しい珊瑚礁と魚達が破壊・殺戮されます。地球全体てきに考えても「痛手」に成ります。おそらく、潮の流れも変化し、周辺全体が破壊されるでしょう。
[PR]
by uncle-mac | 2005-10-30 20:10 | 政治・経済

 「形」優先では無く「心」を優先しなければ

靖国参拝議員はお断り 親善サッカーで韓国

日韓の国会議員による親善サッカー試合をめぐり、韓国側が靖国神社に参拝した議員の参加辞退を申し入れていたことが30日、分かった。
ーーーーーーーーーーー

 色々、ご意見はあるでしょうが、この韓国側の申し入れは韓国としては当然の事だろう。むしろ、言って来ない方が不思議でしょう。

 このニュースに殊更「反発」する事の意味も無い。

 日本側の議員も本当に親善をする気が有るなら、「減った」議員で行けば良い事。


 「形」優先では無く「心」を優先しなければ親善は出来ないと思う。
[PR]
by uncle-mac | 2005-10-30 19:38 | 政治・経済

修学旅行で


 息子が修学旅行で買って来たお土産。(ワイヤレスマウスは大きさ比較用)





 1、ミニ提灯
e0028625_15405684.jpg


 2、印籠
e0028625_15423930.jpg


 3、LEDキーホルダー 
e0028625_15465075.jpg


4、ネックレス
e0028625_15471284.jpg


 5、孫の手
e0028625_1554493.jpg


6、紅葉饅頭
e0028625_16083.jpg




 時代劇風と現代風が入り交じっています。
紅葉饅頭は「バラ売り」のを買って来てました。こし餡であっさり味で美味しかったです。



広島平和記念資料館(←クリック下さい)

と国立広島原爆死没者追悼平和祈念館にも行って来た様です。


 広島で起きた事を学習して来ました。これが一番のお土産。

是非ご覧下さい!! 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館と広島平和記念資料館の展示一部
[PR]
by uncle-mac | 2005-10-29 15:34 | 写真日記

憲法"改正"自衛軍創設、国民に愛国と国家防衛義務を課す!!

自衛軍保持を明記 自民党が初の改憲草案

自民党は28日、現行憲法を全面的に見直し「自衛軍」の保持などを明記した新憲法草案を決定した。環境権など「新しい権利」を盛り込む一方で、「国民の責務」に関する条項を新設。前文に「帰属する国や社会を愛情と責任感と気概をもって自ら支え守る責務」をうたうなど、公益重視の内容となった。
ーーーーーーーーーーー

 e0028625_21472342.jpg
 「条文は憲法の補則を除く99の条文に対照させる形で整理。同党が条文形式で憲法改正案をまとめたのは初めて。次期通常国会でまず国民投票法を制定、来年中に予定される民主党の改憲案策定を待ち、憲法改憲を政治日程に乗せたい考えだ。」

 「焦点の9条は、「戦争放棄」を定めた現行憲法の9条1項をそのまま堅持、「戦力不保持」を規定した2項は削除し、「国の平和と独立」を確保するため、首相を最高指揮者とする「自衛軍の保持」を明記した。 」

e0028625_21475893.jpg

 ・・・「小泉政党」が出現したとたんに、諸費税増税に続き、改憲と矢継ぎ早に事がどんどん進んで行く。

 前文についても「追加」をも加え、全国民に「愛国」と「防衛義務」を強要する内容に行く。



 《参考1》
九条一項
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

  同二項
「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」

e0028625_21485052.jpg
 《参考2》
「国権の発動たる戦争」とは、国家が宣戦布告によって開始する国際法上の戦争の事。
「武力による威嚇」とは、武力を行使する意図があることを示して他国を脅す事。
「武力の行使」とは、国際法上の戦争には至らない軍事衝突の事。


 要するに、「国際紛争を解決する手段としては」の解釈が事の中心である。ココを巡って、解釈の議論が沸騰する。
 「二項」を触らずとも、ココの解釈によっては(「防衛」を目的とするならば)、明らかな軍事力は勿論、「核の保持」まで可能とする解釈まで既に存在する。


 今回の『「戦力不保持」を規定した2項は削除』とは具体的には何なんだろうか?
二項全体を無くしてしまうのか?、『「国の平和と独立」を確保するため、首相を最高指揮者とする「自衛軍の保持」』を追加するのか?

e0028625_21492679.jpg

 更に、基本的な問題として、今回の改憲だけで済まない事も危惧する。つまり、いくらでも好戦的な内容に成って行くことが可能に成る心配も残る。

 そんな、事あるかと言う声が聞こえてきそうだが、例えば、国内で本格的な外国勢力と思われるテロ事件(国内発の謀略で有っても)が多発すると国内世論は容易に変化して行く。そうなれば、今の意識とは異なる状況が生まれ、上記の危惧がただの危惧で無くなって来る。

 



そもそも、改憲自体の必要性は薄いと思うが、今の情勢では、残念ながら「何らかの改憲」は不可避な様にも思う。しかし・・・、

非常に心配だ。何らかの明確な歯止めや制限が必要だと思う。
[PR]
by uncle-mac | 2005-10-28 20:37 | 政治・経済

祝!! ”ASSに向かって打て” 立ち上げ。



 「立ち上げ」に興奮しました...。

e0028625_19222078.jpg

[PR]
by uncle-mac | 2005-10-28 18:03 | バラエティ・面白

セリーグにもプレーオフを!!

<日本シリーズ>ロッテが大差の勝利…その理由は?

葉ロッテマリーンズと阪神タイガースの日本シリーズは、ロッテが31年ぶりの日本一となり、しかも4連勝という予想外の結果で達成された。ロッテが4試合シリーズの最多得点、最高防御率の新記録を作る一方で、阪神は最低打率、最低防御率をマークするなど、史上めったにない大差がついた。その理由を分析した。
ーーーーーーーーーーーー

(1)試合間隔の差

 野球と言うスポーツは特に攻撃時には「動体視力」や「勘」が大きく結果を左右する。
これらは、「訓練・練習」の継続性で維持出来る変動的な能力だと思う。反面サッカーに較べ絶対的な体力は必要とされない。
 セリーグだけプレーオフが無い現状は、明らかにセリーグに不利な状態だ。


(2)流れを決めた初戦

 阪神は特に初戦でムードが出来てしまうチームだ。赤星の動向で数々の試合の流れが決まっていた。又、「内角攻め」は投手が相手に撃たせない為の代表的手段(デッドボールの原因にも成るが)。「内角攻め」が決まった時でも「打てる」為の練習と予測を身につける必要性がある。
 又、ピッチャー毎の対策と指示が、阪神の監督とコーチに全く出来て居なかった。


(3)データ分析

 「事前のデータ分析と攻略法の正しさを証明した。」「分析時間は、阪神の方にたっぷりあったが、監督や選手がプレーオフを観戦したのは第2ステージに入ってから。」

 ・・・阪神は今回負けるべくして、負けた。「分析と攻略法」はどのようなスポーツでも常識であり、最大の「武器」だ。ある意味「選手補強」よりも大事な事だ。プロ野球は全体的に「金と体力」に偏り過ぎだ。
 但し、「データ分析」は相手プレーオフの状況によって変る。だから「調査チーム」を複数組んで、「同時進行調査」が要ると思う。そのとりまとめは「副監督」が引き受け、適時監督に報告する。監督は「両面で戦う」わけだ。
 「監督の能力」でそのチームの強さの半分は決まると言って良いと思う。
[PR]
by uncle-mac | 2005-10-28 10:04 | スポーツ・自然
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite