徒然閑写

unclemac.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今年のクリスマス   

今年は、プレゼントのローソクだけで食事。

これが結構、なかなか楽しい。





e0028625_19215453.jpg




大空駆けるサンタを探せ 米軍が恒例の追跡作戦
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-24 19:22 | 写真日記

全くプロレスの様だ   

<ボクシング>亀田戦、瞬間視聴率は38.4% 関東地区

どんなもんじゃい!亀田号泣、因縁再戦制し初防衛(サンケイスポーツ)


 むしろ、あの低調な試合内容での38.4%は最高じゃないですか。

 全く盛り上がりも緊迫感も無い。単なる消化試合の感。

e0028625_14421957.jpg


 本来の「亀田ファン」達はやはり、「KO」を期待していた事だろう。亀田にはノックアウトしようとする意志を感じなかった、無理をして飛び込んで相手からダメージを喰らいたく無いと言う風情。

 ランダエタの方も、前回と違ってガッツが全く無い。フットワークは全く無し。繰り出すパンチも全て浅く、殆どダメージを与えないものばかり。あたかも、「判定に行く事になっている」かの様。全く別人の様だ。今回の試合、「当初から」結果が決まっていて、ファイトマネー獲得等の「仕事」をしに来ている感。


 試合前の演出もうんざりするものだった。まるで「亀田プロレス」の興業だ。TBSともがっちりタッグを組んでの。ランダエタ陣営のヒョウ柄の衣装代もTBS側から出ているのでは無いのか?
 演出から「結果」まで、全くプロレスの様だ。真剣に観るのでは無く「楽しむ」為に観れる人だけの「亀田プロレス」。


 次回の防衛戦の視聴率はもっと下がるだろう。



 TBS系で20日夜に生中継された「プロボクシングWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ 亀田興毅VSファン・ランダエタ」の平均視聴率は30.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。8月に行われた同カードの42.4%を大幅に下回った。瞬間最高視聴率は、試合終了後で判定結果が出る直前の38.4%だった。


More サンスポ記事
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-21 14:25 | スポーツ・自然

当初から腑に落ちない思いが   

20日以上飲食せず冬眠状態 たれで生き延びたと伝えられた男性

 やはり、そういう事だったか!

 この件は報道当初から腑に落ちない思いが有った。

e0028625_1595267.jpg


 焼き肉のタレと言う、マスコミネタ的な面ばかりが強調されていたが、「夜はどうして過ごしていたのか?」と言う疑問が強く有った。
 六甲の山中の夜だから、少なくとも平地より5〜6度以上は気温が低い筈。当時の気温もそう温い筈無いから、4〜6度位の気温の野外で布団も無しで連日寝ていた事に成る。

 つまり、食料云々の前に寒さで体力を消耗して死んでしまう筈。

 極限状態での驚異的な適応能力としか言い様が無い。この人だから出来た奇跡の出来事と思う。普通の人なら間違い無くあの世行きだ。ただ、ひょっとしたら、飲酒と空腹と体質の関係で偶然「低体温」状態が出来たのかも知れない。これには脳の働きも関係している様に思う。

 何れにしても、身直な六甲山と言っても山は山。舐めて掛かるとたちまち、死の危険に晒される事に成る。

 

 兵庫県の六甲山で遭難し「焼き肉のたれで生き延びた」と伝えられた西宮市の職員、打越三敬さん(35)が19日退院し会見。遭難2日後に意識を失い、発見されるまでの20日以上、食べ物だけでなく、水すら飲んでいなかったことが分かった。会見に同席した医師は「体温が約22度という極度の低体温症だった。動物の冬眠に近かったのではないか。驚異的な生命力だ」と説明。

[PR]
by uncle-mac | 2006-12-20 02:00 | 山々・木々・自然

もう、年賀状書きました?   

 年賀状、書きました?

 私はもう書きました。


e0028625_19565771.jpg


 このイラスト良いですね。


 実はこれ、郵政局のHPのフリーイラストです。

 一度、アクセスして利用して見て下さい。

イラスト
デザイン文字
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-18 20:04 | 文化・家庭

きく8号は   

<H2Aロケット>「きく8号」打ち上げ成功

e0028625_18504018.jpg

 良かった。連続成功、おめでとう。

 これで、かなりイメージが向上したのではと思う。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午後3時32分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センターから技術試験衛星「きく8号」搭載のH2Aロケット11号機を打ち上げた。約28分後、衛星を分離し、打ち上げは成功した。05年2月の7号機以降、5機連続の成功となる。

 きく8号は静止衛星で、日本の衛星としては過去最大の5.8トン。搭載した11号機は、点火時に強力な推進力を得るため、1段目に装着する大型の固体ロケットブースター(全長15メートル、重さ75トン)を従来の2本から4本に増やした。大型4本を使用した打ち上げは初。

 11号機は太平洋上を東に向かって上昇。第2段ロケットから衛星を分離。衛星は順調なら約2週間後に、東経146度、赤道上空約3万6000キロの静止軌道(地球の自転と同じ周期の円軌道)に入る予定。

 きく8号は、携帯端末と衛星との通信システムの実証が目的。山岳遭難や災害の現場などから、画像や高品質な音声の伝送が可能で、被災地支援などに役立つことが期待されている。


 きく8号はアンテナを広げると全長40m、全幅40mにもなる大型衛星。

 大きなアンテナは衛星通信式の携帯電話の実験の為の物。携帯のアンテナが小さくても済むとの事。この事は大変な差が出る。

e0028625_191613.jpg


 今迄の衛星通信携帯電話はアンテナ部などを含めるとても大きい。山岳登山や海上の小型船(ヨット等)航行では負担が大きい。仮にそれが普通の携帯電話並みになれば凄い。

 この研究は今後結構期待出来るのでは無いかと思います。
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-18 19:02 | 文化・家庭

木枯らしの日の夕日    

今日、夕方近く強風が吹き荒れ、寒くなりました。

明日は寒気団がやって来ます。

e0028625_19513586.jpg

撮影 D200+AF-S VR ED 70-300mm F4.5-5.6G (300mm位置) f:5.6 1/5000sec -0.7EV補正 WB=オート ISO400 クリック拡大

More 実はテスト撮影
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-17 20:31 | Nikon D-200

久間防衛大臣誕生    

<防衛省>関連法成立 1月9日発足へ

防衛省、来月9日始動 昇格法成立、恒久法加速も

 国会賛成多数(約95%)で、当然の「流れ」の中で、昇格決定。来年から防衛省発足。


 防衛庁 the Defense Agencyが、防衛省 the Ministry of Defense に。
 防衛庁長官 the Director General of the Defense Agencyが、防衛相 the Minister of Defenseに。あくまで、国防省では無く防衛省。

 対極東・東南アジア「日本の再軍備化を懸念する近隣諸国への配慮」はもう大丈夫なのか?反発が無い筈が無い。この当りのバランスに少なからず「北朝鮮」が心ならずも「貢献」した事になるのかも。


 何が変る?

 一番大きいのは、予算要求と法案の事務手続きの簡素化だろう。内閣府の長である首相を通じて閣議にかけなければならない煩雑とタイムラグが無くなる。シビリアンコントロールの箍も一部緩む。
 当然、防衛予算は今後増大し、国民負担は間違い無く大きく成る。

e0028625_1012238.jpg

’05年 国防年鑑より   こうして見ると極東の軍事(他に北朝鮮も有る)は肥大している

 次が、 武力行使の防衛出動や海上警備行動の承認の閣議開催も直接求められる事。今迄の形だとタイムラグが大き過ぎる為に攻撃を受けた際の被害がより膨らむ可能性が有った。それが改善されるかも知れない。


 但し、皆さんが期待している様なミサイル攻撃に対しては略、無力(発射された段階で大半の結果が決まるので)なのは変らない。軍事的にミサイル防衛をするには、「宇宙防衛」を除けば、先制攻撃しか無い(専守防衛の自衛隊である為不可)。あとは、効果の程やその後の重大な結果を踏まえた上での日本の核武装くらいか、、が、これにしても、アメリカが北朝鮮の核を猛威に感じていると言う現実を教訓にするとやはり、子供的発想に過ぎない。


 やはり、一番は(もしくはそれのみ)日本の外交と国際政治バランス作りによる軍事衝突回避である事は間違い無い。国連における日本の役割もそれが一番求められている筈だ。あの中国とは違う。


 三番目は、国際的な、「軍隊」の格付け。つまり、「省」で主要各国と並ぶ事が出来る。これは常任理事国入りにも関連しているかも知れない。因に、今回の成立でPKO活動やアメリカ軍の後方支援(軍事的には「参戦」と同じ)が堂々とやり易く成る。



 何れにせよ、「省」になったとしても国民生活に直ちに何かがと言う訳では無い。がやはり、今回の最大メリットが、「迅速」で有るならば、大震災時の救援出動・中国軍の領海領空侵犯対応などにより一層のものを期待したい。北朝鮮の不審船・スパイ船の警戒にも一層の活動を期待したい。貴重な国民の税金を無駄にしないで欲しい。



 自衛でも軍事に変わりは無く、軍事とは組織的な多量殺人行為の事である。

 「一人を殺せば殺人で、万人を殺せば英雄」の様な言葉があるが、正にその通りで、戦争に於いては、「結果」が全てで、その戦いに勝利したものが唯一絶対の「正義」となる。反対に負ければ、「全て」が失われる。巨大な賭け(殺人ゲーム)だ。



 しかし、よく考えれば、軍事・戦争は「政治」の一手段・一段階である。その意味では、どの国で有っても、軍事は政治に従属すべきものの筈。

 今後、自衛隊と言う軍隊がどのように拡大・発展しようとも、日本の役割は未来永劫変らない筈である。




 防衛庁の省昇格関連法は15日の参院本会議で、自民、民主、公明などの賛成多数で可決、成立した。内閣府の外局に位置付けられている防衛庁を省として独立させ、「付随的任務」だった自衛隊の海外活動を「本来任務」に格上げするのが柱。政府は来年1月9日に防衛省を発足させる方針で、久間章生防衛庁長官が初代防衛相に就く。

 省に移行すると、これまでは内閣府を通じて行ってきた閣議請議や予算要求などを、防衛相が「防衛の主任大臣」として行うことになる。ただ、自衛隊の最高指揮監督権者は首相のままとするなど、シビリアンコントロール(文民統制)に関する規定は変えない。

 また、これまで自衛隊法で付則に規定されていた国連平和維持活動(PKO)やイラク復興支援特別措置法に基づく活動などを「国際平和協力活動」として「わが国の防衛」と並ぶ自衛隊の任務に明記する。

 防衛庁は1954年の発足。「庁」としてスタートしたのは、戦前、軍部の独走を許した教訓や、憲法9条の影響があったとされる。

 省昇格は64年に閣議決定されたものの、国会提出は見送られ、01年には議員立法として国会に提出されたが、廃案になっている。今回は、政府が6月に通常国会に提出し、継続審議になっていた。与党に加えて、民主党も賛成に回った。

[PR]
by uncle-mac | 2006-12-16 10:39 | 政治・経済

ポルシェ博士さすが!  

ヒトラー発注の車、競売へ 13億円の値も

 約70年前の車がレースとは言え、400馬力で最高速300km/hは凄い。スペック的にはF1に近い。ベンツとの競争も有った様ですが、凄いです。

 ところで、「アウトウニオン」とは「AutoUnion」つまり、「自動車連合」の事。アウディを始めとするDKWなどドイツ四つの自動車メーカの集まり。言ってしまえば、今のアウディの事。


 貴重さを考えたら、600万ポンドは安いかも知れませんね。

e0028625_19121820.jpg

V12 3000cc 空力ボディ

 
ナチス・ドイツのヒトラーが「ドイツの技術」を誇示するために造らせたレーシングカーが、来年2月17日にパリで競売にかけられることになった。主催する競売会社クリスティーズ担当者が7日、明らかにした。同社は600万ポンド(約13億5000万円)の値が付くと予想している。同型車は世界に2台しか現存していないという。
 この車は、1939年製のアウトウニオン「Dタイプ」。400馬力以上のエンジンを持ち、最高時速は約300キロ。39年のベオグラード・グランプリなどで優勝した実績がある。フォルクスワーゲン「ビートル」の設計で知られるフェルディナント・ポルシェ氏にヒトラーが「最強の車」製造を要請した。

[PR]
by uncle-mac | 2006-12-12 19:22 | 車・HONDA党

ピンクの薔薇  

小さな薔薇、今度はピンク。


何本もある中で有る一輪が目立ってました。


1、美人輪1
e0028625_21365650.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:3.8 1/60sec +0.3EV補正 バウンズ外部ストロボ・レフ版使用 WB=太陽光 ISO200 クリック拡大

近づいて。

More あと、画像二枚
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-11 18:02 | Nikon D-200

紅葉の牛滝  その三 (黄色)

 牛滝山(天台宗大威徳寺と牛滝川の渓谷)の紅葉。


 撮影日は11月25日、写真は全て色調整無しです(当時の見た目に成る様に多少明るさ調整)。

 今回掲載の写真は「黄色系」です。

 紅(黄)葉が細かいので、是非画像クリックして拡大でご覧下さい。


(※師走に入ってクリスマスも近いのに今更「紅葉」も無いですし、秋ネタ記事をご覧に成る方も余り居らっしゃら無いとは思いますが、、一度やり出したのを止めるのが嫌な性格のものでして。)



 黄色の紅葉はキサントフィル(詳細は前回のシリーズ記事に)の色です。秋の広葉落葉樹の葉の変色の基本はこの黄色。紅葉は葉としての役目が終わり、冬の準備をする前のイベントです。一般的には黄色が主流です。赤は斑としての出現が多い。日本の楓の場合は真っ赤一色が有る。これは例外的なもの。世界的にも黄色が多い。カナダなどの紅葉は黄色ばかり。

 所で何故、この様に奇麗な紅葉をするのかは謎の様です。実を食べて貰う目印の目的でも無い(実の無いものでも紅葉するし、実自体に奇麗な色が付く事が多い)様ですし。。



1、黄(おう)1
e0028625_17302448.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:2.8 1/1250sec -0.3EV補正 WB=太陽光 ISO400 クリック拡大

 私の場合、楓もこの黄色が好きだったします。緋色も好きです。

 1387ピクセル画像↑ですクリック拡大下さい。


2、黄2
e0028625_1759983.jpg

撮影 D200+SP AF90mmF2.8 Di f:2.8 1/350sec -0.3EV補正 WB=太陽光 ISO400 クリック拡大

More あと、画像三枚と他の黄葉
[PR]
by uncle-mac | 2006-12-09 17:48 | Nikon D-200
line

  徒然写真記一人旅       年中寒野の隠れ家       コメント要 exciteログイン


by uncle-mac
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite